Weslake BLOG

千葉県のローバーミニ、クラシックミニをはじめとする英国車のスペシャルショップの日々を綴ったブログです。
梅雨な話題。
0

    こんにちは、小柳です。

     

    家の裏の森でウグイスやホトトギスが競うように鳴き、

    雨に濡れた樹木の香りが、

    癒しを与えてくれる今日この頃ですが、

    皆様いかがお過ごしでしょうか(^^)

     

    さて、

    「五月雨を、集めて早し、最上川」

    は、松尾芭蕉の句ですが、

    最近の五月雨は、(今は6月ですが(^^;))

    もっと激しく降る事が多いようで・・・

    各地に雹を降らせたり、

    先日は、千葉県のいすみ市で避難勧告が出されるほどです。

     

    そんな時、凄く困るのが、

    冠水ポイントですねっ!

     

    冠水ポイントを回避するように、ルートを考えるんだけど、

    ど〜しても通らなければ家にたどり着けない所とかありますよね(T T)

     

    私も以前、冠水ポイントにハマリ、

    レッカーで運んで貰った事がありますが(T T)

    ミニは、あまり水溜りに、挑戦したくない理由があって・・・

     

     

     

    これは、ミニ乗りには知っておいた方がいい知識です(^^)

     

    普通、国産車などが冠水ポイントで止まってしまうのは、

    吸気から水を吸ってしまい、エンジンに水が入るのが原因である事が多いですが、

    ミニの場合、

    吸気口は、結構高い位置にあって、

     

    DSCN3183.JPG

    インジェクション車はここで、

     

    DSCN3186.JPG

    キャブ車も、エンジンの上から吸気するので、

    水溜りに入って、室内には水が入っても、

    エンジン内には、相当深い水溜りでないと、水は入りづらいです。

     

     

     

     

    ミニの場合、水溜りで止まってしまう原因は、

    「先ず、ディストリビューターキャップに水が入って、点火が出来なくなる」

    と言う事が一番多いのですが、

    DSCN3187.JPG

     

    DSCN3190.JPG
     
    DSCN3191.JPG

    これは、96年式以前のディストリビューターを持つミニに限ることで、
     
    DSCN3185.JPG
    97年式以降の、こんなイグニッションコイルの付いたミニには、
    ディストリビューターが付いていないので、安心です(^^)
     
     
     
    ほんでもって、このディストリビューター、
    車高.JPG

    続きを読む >>
    | Weslake | メンテナンス | 21:38 | comments(0) | - |
    車のウィンドウが曇ったら・・・
    0

      こんにちは、小柳です。

       

      「♪ 車のウィンドウが曇ったら・・・   

           ほ〜ら危険です、クリンビューで拭きましょう・・・

      安全よっ!・・・」

       

      DSCN3109.JPG

      と言えば、

      昔からお世話になっている

      曇り止めのクリンビューのですが、

      これから梅雨時に入り、

      ミニに3,4人乗り込むと、

      結構窓が曇るんですよね(^^)

       

       

       

       

      でも、一人で乗ってて、

      しかも、こんな曇り方する場合・・・

      DSCN3121.JPG

       

      DSCN3120.JPG

      デフロスターの吹き出し口が、

      なぜか、いつも曇る・・・

       

       

      なぁ〜んでかっ?

       

      DSCN3126.JPG

       

      皆さん知っての通り、

      ヒーターとデフロスター吹き出し口はつながっているんですね。

       

      また、ヒーターはエンジンの冷却水(LLC)をエンジンルームから引き込み、

      暖かい風を出しています。

       

      という事で、ヒーター内でLLCが漏れると、

      蒸気が上がり、窓を曇らせるんです。

       

      (ごく稀に、外気ダクトから雨水が入り蒸気が上がることもあります。)

       

       

       

       

       

      なので、こんな時は、

      ヒーターの下を触ってみて下さい(^^)

      ※水温が高い時は、熱いので注意してくださいね。

       

       DSCN3127.JPG

      これで、手に緑色の液体(LLC)が付けば、

      間違いなく、ヒーター内での水漏れです。

       

      また、手に付かない滲み程度でも、窓を曇らせる事があります。

      なので、ほぼほば、修理が必要と思った方が、良いと思います(^^)

       

       

       

       

      修理と言うのは、

      DSC07552.JPG 

      ヒーターをごっそり外し、

       

      DSC07554.JPG

      これ、ヒーターコアって言うんですが、

      このヒーターコア抜き出し、

      (緑色の液体が漏れている・・・)

       

      ヒーターコアを交換します(^^)

       

       

       

       

       

      現在WESLAKEでは、国産品で交換しています。

      私も使っていますが、なかなかいい感じです(^^)

       

      DSCN3108.JPG

      車のウインドウが曇って、気になる方、

      ぜひ、相談してくださいね。

       

      「♪ 雨とっ、車とっ、クリンビュ〜〜〜  (^o^)/」

      (最後のパートは、歌いたかったので・・・)

       

      それでは、よろしくです。

       

       

       

       

      ★〜★ローバーミニの事なら…★〜★

       

      BRITISH GARAGE Weslake へご相談下さい(^^)

       

      TEL 043-496-3298

      E-mail weslake-info★weslake.sakura.ne.jp

      ※★を@に変更して送信して下さい<(_ _)>

       

      当店FBへのメッセージでもOK!
      車両販売、買取、ドレスアップ、チューニング、車検、事故修理、一般整備、修理等々、幅広くご対応をさせていただいております。

       

      | Weslake | メンテナンス | 22:27 | comments(0) | - |
      全ての物には、意味がある!?
      0

        こんにちは、小柳です。

         

        「全ての物には、意味がある。」

         

        例えば、

        マンホールの蓋が丸いのは、

        四角形や多角形の蓋では、マンホールに落ちてしまう可能性があるが、

        丸は、割れない限り落ちることは無い。

        とか、

        地下鉄駅ホーム内の、非常口ランプは、

        火災が起きた時の避難の際に、

        煙を吸わないよう身を低くして歩くため、

        見やすくする様に、

        地面に付いている。

        とか、

        事物には、意味があるんですが・・・

         

         

         

        DSCN2800.JPG

        ポールスミスの内張り

         

        DSCN2813.JPG

        クラブマンエステートの内張り

         

        DSCN2827.JPG

        97’以降クーパーの内張り

         

         

        ハンドル類なんかも変わっていて、

        なかなか、それぞれにいい味出してます(^^)v

         

         

        が、

        この3つの写真に共通するものがあるんです。

         

         

         

        それは、

        ガラス全閉時のレギュレーターハンドルの向きです(^^)

         

        レギュレーターハンドルは、

        ガラスを上げ下げするものですが、

         

        みんな同じ方向を向いています。

        (ウエスレイクでは、この向きに付けていると言った方が良いでしょうか。)

         

        何で、この向きなのか・・・

         

         

        「そりゃ〜、この位置からが回しやすいからだろ〜」

        とか、

        「この位置だと邪魔にならないからだろ〜」

        って方もいらっしゃると思いますが、

        もっともらしい答えがあるので、ご紹介します。

         

        DSCN2935.JPG

        これは、ガラスを少しだけ空けている状態ですが、

        この状態で走っていて、

        気がつくと、

        「あれっ、こんなに窓開けてたかな?」

        って思うときありませんか。

         

         

        これは、

        garasu.JPG

         

        レギュレータハンドルには、回転方向にガタがあって、

        そのガタの分だけ、ガラスが上下します。

         

        なのでこの場合、

        走行振動とガラスの重みで、

        ハンドルのガタ分ガラスが下がってしまったという事ですね(^^)

         

         

        という事を踏まえて、

        garasu2.JPG

        レギュレーターハンドルをCLOSEいっぱいに回し、

        ガラスを全閉にした時、

         

        赤い線よりも、ハンドルが前にあれば、

        重力でハンドルが下がる事は無く、

        ガラスが開いてしまうことも無く、

         

        逆に赤い線よりも、ハンドルが後ろにあれば、

        重力でハンドルがガタ分下がって、

        ガラスを全閉にしているにもかかわらず、

        ガラスが少し開いてしまう事がある、

        という事なんです。

         

         

        なので、

        レギュレーターハンドルの位置は、

        この向きがお勧めですよ(^^)/

        DSCN3036.JPG

         

        「余計なお世話じゃ!好きにさせろ!」

        って方、

         

        もちろん、好きにしちゃって下さい(^^;)

         

        豆知識として使ってくださいね。

         

        それでは、よろしくです。

         

        | Weslake | メンテナンス | 20:33 | comments(0) | - |
        後もう少しです(^^)
        0

          こんにちは、小柳です。

           

          今日のことですが・・・

           

          「あっ、こんちわ〜っす、K様(^^)  今日は、オイル交換ですねっ!」

          DSCN2966.JPG

          今日は、慣らし運転中のK様、

          エンジンオーバーホール後3回目のオイル交換にいらっしゃいました。

           

           

           

           

           

          あ〜、思い起こせば去年の事・・

           

           

          オイル交換をしていたら、

          オイルドレーンから、金属な物が「カラン、カラン」

          それは、間違いなくブロンズワッシャーの破片でした。

          銅の部品だけに「どうします(^^;)」

          と言うことでしたが。

           

          「まあ、いい機会だからエンジン、バラシちゃって」

          と、お言葉をいただけたので、

          DSCN2268.JPG

          エンジンを下ろし・・・

           

          DSCN2285.JPG

          各部点検をして・・・

           

          DSCN2318.JPG

          ギヤボックスもバラシ・・・

          (赤丸のところに、破片が残っています)

           

          DSCN2325.JPG

          デファレンシャルをバラスし・・・

           

          (赤丸のパーツがブロンズワッシャーです。)

          銅製のベアリングなんですが、結構距離走ってる車は、

          このパーツが磨り減り、割れて、

          オイル交換のときに、オイルと一緒に出てきます(TT)

           

          ノーマルのデファレンシャルだと、

          大体10万キロぐらい走るとブロンズの破片が出てくる事が多いのですが、

          ウエスレイクでは10万キロでエンジンオーバーホールを、お勧めしているので、

          まあ、ブロンズワッシャーが出てくるタイミングのオーバーホールは、

          有りかと思います(^^)

           

          DSCN2336.JPG

          お客様にバラシた部品を見て貰って、

          オーバーホールのメニューを話し合い・・・

          方向性を決定!!

           

           

           

           

           

          エンジンを、内燃機屋さんで加工して貰い、

          DSCN2447.JPG

          組み始めます。

           

          DSCN2453.JPG

          オーバーサイズのピストンを組み込み・・・

           

          DSCN2473.JPG

          ギヤボックスのケースも綺麗にして・・・

           

          DSCN2481.JPG

          各部調整しながら組み付けます・・・

           

          DSCN2488.JPG

          今回、ノーマルの2ピ二オンから、

          4ピ二オンのデファレンシャルに交換して・・・

           

          DSCN2483.JPG

          ついでに、ファイナルギヤ比も、

          ちょいと変更・・・

           

          DSCN2499.JPG

          ヘッドもオーバーホールして・・・ 

           

          DSCN2503.JPG

          エンジン、ドッキング!!

           

          DSCN2508.JPG

          カムシャフトを交換しているので、

          ダブルチェーン&アジャスタブル スプロケットに交換して、

          バルブタイミングを調整し・・・

           

          DSCN2516.JPG

          エンジン、フルバランスついでに、フライホィールの軽量化もして貰いました(^^)

           NA車(自然吸気エンジン)において、エンジンのバランス取りは、

          凄く効果があって、

          エンジン回転の上がりが、かなり軽くなります(^^)v

           

           

           

           

           

          内燃機屋さんで加工して貰ったりするのは、時間がかかりますので、

          エンジンが出来上がるのを待つその一方で、

          お客様は、エンジンが降りていないと出来ない所の作業をしに、

          ちょくちょく遊びに来られたり・・・

           

          DSCN2563.JPG

          違う車で、ツーリングに参加して頂いたり・・・
           

           

           

           

           

          DSCN2581.JPG

          そして、出来上がったエンジンを載っけて・・・

           

          DSCN2591.JPG

          もうちょっと、手を加え・・・

           

          DSCN2664.JPG

          完成しました(^^)/

           

          快調に走っているとの事で、

          作業している私たちも、うれしいですね(^^)

          ありがとうございます。

           

          さあ、慣らし運転終了まで、

          あと3,000キロです。

          K様、後もう少しですね(^^)

           

           

           

           

          ウエスレイクのお客様で、

          もう30万キロ近く、乗っているお客様がいるんですが、

          今まで2回エンジンのオーバーホールをしています。

          そのお客様、曰く、

          「10万キロ乗って、他の新車に買い替えることを考えれば、

          オーバーホールした方が安く済むし、

          エンジンの仕様を変更すれば、

          また違った車になるから、そっちの方が良いよね(^^)」

          ですって、

           

          私も、激しく同意します(^o^)/

           昔、お金が無かった私は、安いミニを探し、

          殆どノーマルの1000ccミニを買ったんですが、

          今は、WEBERが入り、

          ストレートカットのドグミッションを入れ、

          エンジンもいじっているので、

          全く違う、少しうるさい車になってしまいました(^^;)

           

          ミニは、手をかけると、

          すぐに違いが分かる車です。

          今まで乗ってきた、どんな車よりも、そう感じます。

           

          だから・・・どうしても・・・いろいろやってみたくなっちゃうんですね(^^)

           

          それでは、よろしくです。

           

          | Weslake | メンテナンス | 22:58 | comments(0) | - |
          いや〜な音
          0

            こんにちは、小柳です。

             

            家の裏の森の枯れ木も、うっすら緑色になって、

            ウグイスやコジュケイの鳴き声が響き渡る、

            今日この頃ですが、

            皆様いかがお過ごしでしょうか(^^)

             

            私事ですが、

            先日、スタッドレスタイヤを普通タイヤへ付け替えするのと同時に、

            フロントブレーキパッドの交換をしてしまえ、

            と思い作業していました・・・

            DSCN2931.JPG

            EBCのイエローパッド、

            お疲れ様でした〜

            4mmぐらいまで減っていたので、交換時期です。

             

            (3mm以下ぐらいまで、あまりがんばり過ぎてしまうと、

            キャリパーのピストンが錆びていた場合、ピストンを戻す時錆びた部分がシールにかかり、

            ブレーキオイルが漏れてしまうので、注意が必要です(^^))

            「何を言っているか良くわかんない」って方、

            とりあえず、パッドの交換は早めにしましょうという事です。

             

            さて、気分良く帰路についたのですが、

            途中で・・・

            「キーッ、キーッ」と、いや〜なブレーキ鳴きが(XX)

             

            「まぁ〜レーシングパッドだし、少しくらいなら」

            と思っていたのですが、カントリーサイドの我が家では、

            かなり響き渡り・・・

             

            「やっぱどうにかするか〜」

            となりました。

            DSCN2938.JPG

            まぁ、今回ディスクローターは、それほど減っていないと思い、

            パッドだけ交換したのですが・・・

             

            ディスクローターを赤線で切った時、

            その断面は、横に書いてある感じになります。

            ブレーキパッドの当たっている所が減ってしまい、段差が出来るんですね(黄色○部分)、

            その段差に、パッドが乗っかると、ブレーキ鳴きします。

            特に、レーシングパッドの様な、硬いパッドだと比較的鳴きやすいです。

             

            「それじゃ、ブレーキの効きは落ちるけど、ガッツリ角削ってしまえ〜」

            と、DSCN2936.JPG

            フフフ、これならば・・・

             

            と帰路につきました。

             

            「おっ、ブレーキ鳴き消えたんジャン(^^)v」

            我が家に到着!

             

             

             

             

             

             

            とその時「キーッ、キーッ、キーッ」

            サッカーの試合終了のホィッスルのような音が出て、

            私も、試合終了な気分でした(T T)

             

            まぁ〜、しゃ〜ないか〜

            という事で、

            DSCN2940.JPG

            ブレーキローターを交換しました。

             

            やっぱり、自分の車だからと言って手を抜くと、痛い目にあいますね〜

            まぁ〜、これで大丈夫でしょう(^^)

             

             

             

             

             

             

            と喜びもつかの間、

            DSCN2939.JPG

            あ〜やっぱり、漏れてる〜

            走った後、あま〜いにおいがしてたんだけど、

            結構漏れがひどいですね〜

             

            DSCN2942.JPG

            ラジエーターのコアから漏れているようです(T T)

             

            以前お客様から、

            「小柳さんは、僕の車の悪い所をすぐ見つける、悪魔の様な目を持ってる(^^;)」

            と、言われたことがありましたが(^^:)

             

            自分の車の悪い所も、結構すぐ気づきます(^^;)v

             

            あ〜、ラジエーターも交換か〜

            今月、マネーピンチです(^^;)

             

            それでは、よろしくです。

             

            | Weslake | メンテナンス | 21:57 | comments(0) | - |
            別物!
            0

              こんにちは、小柳です。

               

              以前、車検入庫していただいたお客様が、

              「いい機会だから、乗り心地を良くして下さい(^^)」

              との事だったので、

              車検と一緒に、足廻りリフレッシュしちゃいました〜

               

              DSCN2863.JPG

              あ〜、ノーマルショックに、ラバコンですね、

              一応ハイローは入っているので、

              前側は車検に通る車高には出来ますが・・・

               

              DSCN2867.JPG

              いや〜、珍しく後側は、

              ノーマルストラットですか〜

              ラバコンに付いている、とんがり帽子みたいなものが、

              ストラットなんですが、

               

              実は、ラバコンがつぶれ過ぎていると、

              ノーマルのストラットでは、

              車高が足りなくなる事があるんです。

               

              今回、実際車高が足りませんでした。

              なので、ちょうどいい機会でしたね(^^)

               

               

               

              早速、前側をバラしてみると、

              DSCN2864.JPG

              やっぱ、潰れてますね〜

               

              新品のラバコンは乗り心地も良いのですが、

              このくらい潰れてしまうと、

              ドリンクホルダーに、空けた缶コーヒー、

              いゃ、ドクターペッパーでもいいんですが、

              普通に走ってても、こぼれてしまうほど硬くなります。

               

               

               

              「乗り心地を良くしつつ、あまりくにゃくにゃしない」

               

              ウエスレイクで、よく使っているのは

              DSCN2865.JPG

              ミディアムレートの

              MSTスプリングと、

               

              DSCN2866.JPG

              KYB(カヤバ)のガスアジャスト!!

               

              このショックは、ガスショックなので,

              安い割には、乗り心地が最高に良く、

              オイル漏れなどのトラブルは、ありません。

              しかし、

              ショック長いので、ガッツリ車高を下げたい方には、不向きですね(^^)

               

              また、MSTの黄色スプリングを、

              ソフトレートの黒スプリングに換えると、

              もっと、乗り心地がよくなります。

              しかし、

              結構くにゃくにゃ感が出るので、

              黄色がお勧めです(^^)

               

              それにプラスして、

              スタビライザーを付けると、なお良いと思います。

               

              後ろは、こんな感じ

              DSCN2868.JPG

              いゃ〜、懐かしいですね〜

              私も、ラバコン卒業したときは、

              このセットでした(^^)

               

              サーキット走行をするようになって、

              KYBのガスアジャストから、

              ちょっとお高めの、

              アラゴスタに、換えましたが。

              DSCN2769.JPG

              ショックを作ってもらったときに、

              「小柳君、3年たったらオーバーホールしてね(^^)」

              と言われ

              「はぁ〜い(^^)/」

              と返事は良かったのですが、

              あれから何年経つのだろうか・・・

              今年こそは・・・

               

              ショックも消耗品なので、

              出来れば、出来れば、

              5年に一回は交換したいですね。

               

               

              車検が終わり、

              お客様に納車したのですが、

              しばらくして、1本の電話が・・・

               

              ありゃ〜、何かあったのかと思ったら、

              「この足廻り、今までとは別物ですね!」

              と喜びの声でした(^^)

               

              ラバコンミニも良いけど、

              疲れないスプリング仕様も、

              なかなか、良いですよ(^^)

               

              それでは、よろしくです。

              | Weslake | メンテナンス | 22:46 | comments(0) | - |
              月曜日 PART2
              0

                こんにちは、小柳です。

                 

                「♪もしかして もしかして 私の他にもだぁ〜れぇ〜かぁ〜・・・」

                は、

                小林幸子&美樹克彦の歌う

                「もしかして PART2」ですが、

                今回は、

                月曜日 PART2です(^^;)v

                 

                 

                 

                さて、18日の月曜日は定休日でしたが・・・

                DSCN2843.JPG

                お客様の車を外に出させてもらって・・・

                 

                DSCN2842.JPG

                はいっ! テントの直しに来てもらいました(^^)

                 

                 

                今回は、直し程度なので

                それほど時間は、かからないという事で、

                DSCN2841.JPG

                ちょっと、ダウンパイプを外し・・・

                 

                DSCN2844.JPG

                ちょっと、溶接&位置調整し直したり・・・

                 

                DSCN2845.JPG

                ちょっと、室内をバラシ、

                ビビリ音退治したり、配線の手直しをしたり・・・

                 

                DSCN2840.JPG

                新規登録に行く車両の書類を作成したり・・・

                 

                していましたが、

                 

                「すみませ〜ん、作業が完了しました〜」(^o^)

                と、業者さん

                DSCN2847.JPG

                完成ですね!

                どうもありがとうございました m(_ _)m

                 

                 

                 

                 

                 

                さて・・・

                実は、この日一番やりたかったのは・・・

                DSCN2848.JPG

                あちゃ〜

                最近の雪や雨で

                カントリーサイドに住んでいる私の愛車はドロドロです(^^;)

                 

                きれいに洗って、WAXまでかけちゃって♪・・・

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                喜びもつかの間、

                火曜日の雨で、またドロドロです(^^;)

                 

                それでは、よろしくです。

                 

                | Weslake | メンテナンス | 21:53 | comments(0) | - |
                Pバルブは,何のため?
                0

                   

                  こんにちは、小柳です。

                   

                  Pバルブ好きの方、大変お待たせしました、

                  今回は、このテーマで行きま〜す(^^)/

                  Pバルブ好きでない方も、ちょっとした雑学として、流して見て下さいねっ!

                   

                   

                  さて、Pバルブとは、

                  見た目にかわいい、プリティーなバルブ・・・

                  ではなく。

                  はたまた、女子ボウリングのトーナメント戦、

                  Pリーグとも・・・

                  全く関係ない。

                   

                  Pバルブとは、

                  プロポーショニング バルブ(Proportioning Valve) の事です。

                  プロポーショニングとは、比率という意味で、

                  よく、「あの娘プロポーション良いよね〜」

                  って言いますが、

                  ここでのプロポーションは、美的に全体のバランスが良いということで、

                  「ぼん、きゅっ、ぼん」がいいプロポーション と思っていた、

                  私は間違っておりました(><)

                   

                  さて、話が脱線した所で、本題です。

                  DSCN2734.JPG

                  あ〜これこれ、

                  ブレーキサーボの奥にある金色の物がPバルブです。

                   

                  Pバルブは、何の為についているかというと、

                  前輪と後輪のブレーキの効き方を変えるため、

                  前輪ブレーキにかかる油圧と後輪ブレーキにかかる油圧を、

                  うまい比率でかけてあげるバルブなんです(^^)

                   

                  「えっ! 前と後ろのブレーキの効き方って一緒じゃないの」って方に・・・

                   

                  ミニの様な、車の前側にエンジンがあって、前輪でタイヤを回す車(FF車)は

                  車の前が後ろに比べかなり重いんですね。

                  DSCN2741.JPG

                  また、ミニ型USBに登場してもらいました(^^)v

                   

                  ブレーキをかけると、車の前側に重量が移り、

                  後ろの車体が、大げさに言うと浮く感じになります。

                  これが、フロントヘビーのFF車では、前側がかなり重くなります。

                   

                  なので、前側には大きなブレーキ力(制動力)が必要になり、

                  また、軽くなった後ろ側に前と同じ制動力をかけると、

                  後ろのタイヤがロックして滑ってしまうので、制動力を少なくします。

                   

                  この制動力の比率を変えているのが、Pバルブという訳です。

                   

                   

                   

                  さて、しっかりとした役割を持つこのPバルブ、

                  フルード漏れに関して以前に書きましたが、

                  DSCN2730.JPG

                  大体、赤丸の所から漏れていることが多いんです、

                   

                  でもたまに、

                  DSCN2714.JPG

                  こんな漏れ方をしている場合もあります。

                   

                  これは、DSCN2715.JPG

                  黄色の丸の所で、

                  ブレーキパイプとサブフレームが干渉して、パイプが削れて漏れる、

                  なんてことも、ありますが・・・

                   

                  とりあえず、外して点検してみたところ、

                  DSCN2718.JPG

                  パイプは、大丈夫で、

                  赤丸の所から、漏れていました。

                   

                  Pバルブは漏れ始めると、結構漏れるので、

                  要チェックですね(^^) 

                   

                  また、このPバルブ、

                  マスターシリンダーやホィールシリンダーの様に、

                  定期交換することがあまりないので、

                  新車から一回も換えていない車も多いです。

                  20〜30年換えていないのだから、そりゃ漏れてもおかしくないですね(^^)

                   

                  それは、人間も同じことで、歳をとるとガタがきます。

                  先月、健康のために縄跳びを買い、始めましたが・・・

                   

                  数日後には、ふくらはぎを痛めて、今は休止中です(^^;)v

                                                                                                                        アイタタタタタ・・・

                   

                  それでは、よろしくです。

                   

                  | Weslake | メンテナンス | 22:10 | comments(0) | - |
                  月曜日
                  0

                    こんにちは 小柳です。

                     

                    今回は、Pバルブについて書こうと思いましたが、

                    予定を変更して、違う記事にします。

                    Pバルブ好きの皆様、

                    大変申し訳ありませんです   m(_ _)m

                    Pバルブについては、またいつか書きますね!!

                     

                    さて、月曜日

                    この前の月曜日、お店はお休みを頂いていたんですが、

                    以前の台風により、工場のテントが破れ

                    DSCN2760.JPG

                    修理をお願いしていたのですが、

                    修理に来て頂けることになり・・・

                     

                    「1日かかります」(^^)

                    との事だったので、

                    どうせ1日お店に居るのなら、マイカーメンテでもやっちゃえ、

                    と思いまして・・・

                     

                    DSCN2761.JPG

                    足廻りにガタもあるし〜

                    ハブベリングとボールジョイント

                    換えちゃお〜っと ♪

                     

                     

                     

                     

                    あれれ・・・

                    DSCN2762.JPG

                    隣に居るのは・・・

                    原さんじゃないですか

                     

                    原さんは、何を・・・

                    DSCN2763.JPG

                    ヘッドおろし???

                    DSCN2764.JPG

                    あっちゃ〜

                    ヘッドガスケット抜けですか〜

                    FACE BOOK でも、投稿しましたが・・・

                     

                    1000ccは3番と4番の間が抜けやすいんですね。

                    ちなみに1300ccの車は2番と3番の間が抜けやすいです。

                    しかも、ヘッドとかシリンダーブロックなんかに

                    クラック(ヒビ)が入っていたりするので、

                    要注意です!!

                     

                    と、

                    二人仲良く、もくもくと作業

                    とりあえず、こんな感じで

                    バラバラにして・・・

                    左タイヤ側のハブベアリングはアウタージョイントと固着(T T)

                    アウタージョイントも交換です。

                     

                    DSCN2768.JPG

                    さくっと組み付けて、車両に取り付け(^^)/

                     

                     

                    DSCN2766.JPG

                    こんなパーツもヒビヒビでダメダメでしたっ (TT)

                     このパーツは、テーパーワッシャと言って、

                     

                    テーパー.JPG

                    ブレーキディスクのセンター出しみたいな物です。

                    お客様の車も、

                    車検時には、点検してダメダメなら、交換しています。

                     

                    さて、足廻りの作業終了(^^)

                    DSCN2769.JPG

                    後は、オイル交換して〜

                    マフラー位置をちょっと調整して〜

                    言っている間に

                     

                    DSCN2770.JPG

                    テントの作業は終わっておりました。

                    (結構遅い時間だったので、この写真は後日のもの)

                     

                    が、しかし・・・

                    「ちょっと、手直しが必要なので〜

                                        今度また来ま〜す」 (^^;)

                    と、業者さん。

                     

                    さて、今度はどこをメンテしようかな・・・

                     

                     

                     

                     

                     

                    あっ、

                    全国の原さんファンの方!!

                    原さんの車は、

                    ヘッドもシリンダーブロックもダメージがなく

                    DSCN2771.JPG

                    その日の内に復活しておりま〜す(^o^)/

                     

                    それでは、よろしくです。

                     

                    | Weslake | メンテナンス | 22:05 | comments(0) | - |
                    FC
                    0

                      こんにちは、小柳です。

                       

                       

                      いやぁ〜、疲れたな〜

                      今日は、ビールでも飲みながら

                      フィッシュ&チップスでも食べるか〜

                      DSCN2679.JPG

                       

                      あららっ

                      「ち〜が〜う〜 だ〜ろ〜」      

                                                      (ちょっと古い (^^:))

                      って、怒られてしまいますね!

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      フィッシュ&チップスといえば、

                      イギリスで有名なファストフードですが、

                      brown-71541_960_720.jpg

                      このボリュームとジャンクさが

                      最高で、イギリスに行った時は

                      よく食べていました(^^)v

                       

                      日本のブリティッシュパブのような所でも、

                      食べたことがあるんですが、

                      あまりにも、おしゃれで、美味しすぎて、

                      魚をまるごと使うボリューム感と、ジャンクさがなくて、

                      ちょっとガッカリしました。

                       

                      なので、イギリスに行く機会のある方

                      是非、食べてみてくださいね(^^)

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      さて、

                      フィッシュ&チップスといえば

                       

                      フィッシュ&チップス

                      FISH&CHIPS

                      FC

                      FRUID CHECK

                      フルード チェック

                       

                      ハイ、

                      フルード チェック ですね。

                                                          (かなり苦しい (^^;))

                      フルードとは、

                      ブレーキとクラッチのオイルの事で、

                      ブレーキフルードとかクラッチフルードなんて言い方をします。

                       

                      先週は、クラッチ油圧の関する記事を書きましたが、

                      今回は、最近良く見る

                      ブレーキに関する事で、行きましょう!

                       

                      マズ、ブレーキフルードの点検は、

                      ブレーキマスターシリンダーの蓋を開けてチェックします。

                      DSCN2731.JPG

                      ブレーキフルードは、このラインまで入っていればOKです。

                       

                      でも、

                      「あ〜たね〜、わたくしの手が汚れてしまいますわよ」

                      って方もいらっしゃると思いますので、

                      DSCN2724.JPG

                      DSCN2725.JPG

                      色の違い、分かりますか〜

                      フルードが入っているマスターは、黄色っぽいんですね。

                       

                       

                       

                       

                       

                      それで、

                      もし、黄色っぽくなくて、フルードが減っている方は、

                      どこかで、フルードが漏れていますよ(TT)

                       

                      それは、

                      油圧を発生する、マスターシリンダーであったり・・・

                      DSCN2727.JPG

                       

                      はたまた、油圧を受けるホィールシリンダーであったり・・・

                      DSCN2742.JPG

                      DSCN2743.JPG

                      DSCN2728.JPG

                       

                      また、ブレーキホースもたまに・・・

                      DSCN2334.JPG

                       

                      また、何気に伏兵のPバルブ

                      マスターシリンダーの奥にあって、見づらいんですが・・・

                      DSCN2734.JPG

                      DSCN2737.JPG

                      この、Pバルブ

                      漏れるときは、結構漏れます。

                       

                      見づらくて、点検しづらいので、

                      簡易点検として、

                      運転席側のサブフレーム、ショック辺りを見てください(^^)

                      DSCN2732.JPG

                      ここいら辺が濡れていると、漏れていることが多いですよ!!

                       

                       

                       

                      是非、ブレーキフルードのチェックしてみてくださいねっ!

                      ブレーキが効かないと、かなり焦りますから。

                       

                       

                       

                      ところで、軽く流しましたが、

                      マスターシリンダーは油圧を発生

                      ホィールシリンダーは油圧を受ける。

                      では、

                      Pバルブは何のためか

                      って事なんですが・・・

                       

                      これは、次回にしましょうか!

                       

                      次回予告

                      「Pバルブは、何のため」

                                                     お楽しみに

                       

                      それでは、よろしくです。

                       

                       

                       

                       

                       

                       

                      | Weslake | メンテナンス | 22:33 | comments(0) | - |
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + PROFILE