Weslake BLOG

千葉県のローバーミニ、クラシックミニをはじめとする英国車のスペシャルショップの日々を綴ったブログです。
Pバルブは,何のため?
0

     

    こんにちは、小柳です。

     

    Pバルブ好きの方、大変お待たせしました、

    今回は、このテーマで行きま〜す(^^)/

    Pバルブ好きでない方も、ちょっとした雑学として、流して見て下さいねっ!

     

     

    さて、Pバルブとは、

    見た目にかわいい、プリティーなバルブ・・・

    ではなく。

    はたまた、女子ボウリングのトーナメント戦、

    Pリーグとも・・・

    全く関係ない。

     

    Pバルブとは、

    プロポーショニング バルブ(Proportioning Valve) の事です。

    プロポーショニングとは、比率という意味で、

    よく、「あの娘プロポーション良いよね〜」

    って言いますが、

    ここでのプロポーションは、美的に全体のバランスが良いということで、

    「ぼん、きゅっ、ぼん」がいいプロポーション と思っていた、

    私は間違っておりました(><)

     

    さて、話が脱線した所で、本題です。

    DSCN2734.JPG

    あ〜これこれ、

    ブレーキサーボの奥にある金色の物がPバルブです。

     

    Pバルブは、何の為についているかというと、

    前輪と後輪のブレーキの効き方を変えるため、

    前輪ブレーキにかかる油圧と後輪ブレーキにかかる油圧を、

    うまい比率でかけてあげるバルブなんです(^^)

     

    「えっ! 前と後ろのブレーキの効き方って一緒じゃないの」って方に・・・

     

    ミニの様な、車の前側にエンジンがあって、前輪でタイヤを回す車(FF車)は

    車の前が後ろに比べかなり重いんですね。

    DSCN2741.JPG

    また、ミニ型USBに登場してもらいました(^^)v

     

    ブレーキをかけると、車の前側に重量が移り、

    後ろの車体が、大げさに言うと浮く感じになります。

    これが、フロントヘビーのFF車では、前側がかなり重くなります。

     

    なので、前側には大きなブレーキ力(制動力)が必要になり、

    また、軽くなった後ろ側に前と同じ制動力をかけると、

    後ろのタイヤがロックして滑ってしまうので、制動力を少なくします。

     

    この制動力の比率を変えているのが、Pバルブという訳です。

     

     

     

    さて、しっかりとした役割を持つこのPバルブ、

    フルード漏れに関して以前に書きましたが、

    DSCN2730.JPG

    大体、赤丸の所から漏れていることが多いんです、

     

    でもたまに、

    DSCN2714.JPG

    こんな漏れ方をしている場合もあります。

     

    これは、DSCN2715.JPG

    黄色の丸の所で、

    ブレーキパイプとサブフレームが干渉して、パイプが削れて漏れる、

    なんてことも、ありますが・・・

     

    とりあえず、外して点検してみたところ、

    DSCN2718.JPG

    パイプは、大丈夫で、

    赤丸の所から、漏れていました。

     

    Pバルブは漏れ始めると、結構漏れるので、

    要チェックですね(^^) 

     

    また、このPバルブ、

    マスターシリンダーやホィールシリンダーの様に、

    定期交換することがあまりないので、

    新車から一回も換えていない車も多いです。

    20〜30年換えていないのだから、そりゃ漏れてもおかしくないですね(^^)

     

    それは、人間も同じことで、歳をとるとガタがきます。

    先月、健康のために縄跳びを買い、始めましたが・・・

     

    数日後には、ふくらはぎを痛めて、今は休止中です(^^;)v

                                                                                                          アイタタタタタ・・・

     

    それでは、よろしくです。

     

    | Weslake | メンテナンス | 22:10 | comments(0) | - |
    月曜日
    0

      こんにちは 小柳です。

       

      今回は、Pバルブについて書こうと思いましたが、

      予定を変更して、違う記事にします。

      Pバルブ好きの皆様、

      大変申し訳ありませんです   m(_ _)m

      Pバルブについては、またいつか書きますね!!

       

      さて、月曜日

      この前の月曜日、お店はお休みを頂いていたんですが、

      以前の台風により、工場のテントが破れ

      DSCN2760.JPG

      修理をお願いしていたのですが、

      修理に来て頂けることになり・・・

       

      「1日かかります」(^^)

      との事だったので、

      どうせ1日お店に居るのなら、マイカーメンテでもやっちゃえ、

      と思いまして・・・

       

      DSCN2761.JPG

      足廻りにガタもあるし〜

      ハブベリングとボールジョイント

      換えちゃお〜っと ♪

       

       

       

       

      あれれ・・・

      DSCN2762.JPG

      隣に居るのは・・・

      原さんじゃないですか

       

      原さんは、何を・・・

      DSCN2763.JPG

      ヘッドおろし???

      DSCN2764.JPG

      あっちゃ〜

      ヘッドガスケット抜けですか〜

      FACE BOOK でも、投稿しましたが・・・

       

      1000ccは3番と4番の間が抜けやすいんですね。

      ちなみに1300ccの車は2番と3番の間が抜けやすいです。

      しかも、ヘッドとかシリンダーブロックなんかに

      クラック(ヒビ)が入っていたりするので、

      要注意です!!

       

      と、

      二人仲良く、もくもくと作業

      とりあえず、こんな感じで

      バラバラにして・・・

      左タイヤ側のハブベアリングはアウタージョイントと固着(T T)

      アウタージョイントも交換です。

       

      DSCN2768.JPG

      さくっと組み付けて、車両に取り付け(^^)/

       

       

      DSCN2766.JPG

      こんなパーツもヒビヒビでダメダメでしたっ (TT)

       このパーツは、テーパーワッシャと言って、

       

      テーパー.JPG

      ブレーキディスクのセンター出しみたいな物です。

      お客様の車も、

      車検時には、点検してダメダメなら、交換しています。

       

      さて、足廻りの作業終了(^^)

      DSCN2769.JPG

      後は、オイル交換して〜

      マフラー位置をちょっと調整して〜

      言っている間に

       

      DSCN2770.JPG

      テントの作業は終わっておりました。

      (結構遅い時間だったので、この写真は後日のもの)

       

      が、しかし・・・

      「ちょっと、手直しが必要なので〜

                          今度また来ま〜す」 (^^;)

      と、業者さん。

       

      さて、今度はどこをメンテしようかな・・・

       

       

       

       

       

      あっ、

      全国の原さんファンの方!!

      原さんの車は、

      ヘッドもシリンダーブロックもダメージがなく

      DSCN2771.JPG

      その日の内に復活しておりま〜す(^o^)/

       

      それでは、よろしくです。

       

      | Weslake | メンテナンス | 22:05 | comments(0) | - |
      FC
      0

        こんにちは、小柳です。

         

         

        いやぁ〜、疲れたな〜

        今日は、ビールでも飲みながら

        フィッシュ&チップスでも食べるか〜

        DSCN2679.JPG

         

        あららっ

        「ち〜が〜う〜 だ〜ろ〜」      

                                        (ちょっと古い (^^:))

        って、怒られてしまいますね!

         

         

         

         

         

         

        フィッシュ&チップスといえば、

        イギリスで有名なファストフードですが、

        brown-71541_960_720.jpg

        このボリュームとジャンクさが

        最高で、イギリスに行った時は

        よく食べていました(^^)v

         

        日本のブリティッシュパブのような所でも、

        食べたことがあるんですが、

        あまりにも、おしゃれで、美味しすぎて、

        魚をまるごと使うボリューム感と、ジャンクさがなくて、

        ちょっとガッカリしました。

         

        なので、イギリスに行く機会のある方

        是非、食べてみてくださいね(^^)

         

         

         

         

         

         

        さて、

        フィッシュ&チップスといえば

         

        フィッシュ&チップス

        FISH&CHIPS

        FC

        FRUID CHECK

        フルード チェック

         

        ハイ、

        フルード チェック ですね。

                                            (かなり苦しい (^^;))

        フルードとは、

        ブレーキとクラッチのオイルの事で、

        ブレーキフルードとかクラッチフルードなんて言い方をします。

         

        先週は、クラッチ油圧の関する記事を書きましたが、

        今回は、最近良く見る

        ブレーキに関する事で、行きましょう!

         

        マズ、ブレーキフルードの点検は、

        ブレーキマスターシリンダーの蓋を開けてチェックします。

        DSCN2731.JPG

        ブレーキフルードは、このラインまで入っていればOKです。

         

        でも、

        「あ〜たね〜、わたくしの手が汚れてしまいますわよ」

        って方もいらっしゃると思いますので、

        DSCN2724.JPG

        DSCN2725.JPG

        色の違い、分かりますか〜

        フルードが入っているマスターは、黄色っぽいんですね。

         

         

         

         

         

        それで、

        もし、黄色っぽくなくて、フルードが減っている方は、

        どこかで、フルードが漏れていますよ(TT)

         

        それは、

        油圧を発生する、マスターシリンダーであったり・・・

        DSCN2727.JPG

         

        はたまた、油圧を受けるホィールシリンダーであったり・・・

        DSCN2742.JPG

        DSCN2743.JPG

        DSCN2728.JPG

         

        また、ブレーキホースもたまに・・・

        DSCN2334.JPG

         

        また、何気に伏兵のPバルブ

        マスターシリンダーの奥にあって、見づらいんですが・・・

        DSCN2734.JPG

        DSCN2737.JPG

        この、Pバルブ

        漏れるときは、結構漏れます。

         

        見づらくて、点検しづらいので、

        簡易点検として、

        運転席側のサブフレーム、ショック辺りを見てください(^^)

        DSCN2732.JPG

        ここいら辺が濡れていると、漏れていることが多いですよ!!

         

         

         

        是非、ブレーキフルードのチェックしてみてくださいねっ!

        ブレーキが効かないと、かなり焦りますから。

         

         

         

        ところで、軽く流しましたが、

        マスターシリンダーは油圧を発生

        ホィールシリンダーは油圧を受ける。

        では、

        Pバルブは何のためか

        って事なんですが・・・

         

        これは、次回にしましょうか!

         

        次回予告

        「Pバルブは、何のため」

                                       お楽しみに

         

        それでは、よろしくです。

         

         

         

         

         

         

        | Weslake | メンテナンス | 22:33 | comments(0) | - |
        レッカー入庫
        0

          こんにちは、小柳です。

           

          以前、お客様の車両がレッカーで運ばれて来ました。

          エンジンは、かかるのだけれど、

          ギヤを入れることが出来ないという事でした。

           

          DSCN2423.JPG

          この画像の中に、犯人がいるんですが・・・

           

          分かりますか〜?

           

           

           

           

           

           

           

           

           

          ハイ、正解は

          DSCN2424.JPG

           

          クラッチマスターシリンダーでした〜

           

          クラッチマスターは、

          クラッチペダルに繋がっており、

          ペダルを踏む事により、

          油圧を発生させるものです(^^)

           

          この油圧を受けるのが、

          以前のシークワーズでご紹介した、

          クラッチレリーズシリンダーなのですが、

          大体、「クラッチが切れない」不具合は、

          このクラッチレリーズからのオイル漏れが多いんです。

           

           

           

           

           

          でも、今回レリーズシリンダーは漏れていなくて、

          クラッチオイルは減っていませんでした。

           

          オイル漏れではなく、

          クラッチマスターの、

          「クラッチ抜け」でした。

           

           

          よく、クラッチが抜けるとか、

          ブレーキが抜けるとか言っているのを、

          聞いたりすると思いますが、       (あんまりないか〜(^^;))

          抜けるとは、どういうこと〜

          と思っている方に・・・

           

          DSCN2425.JPG

          ほらっ!

          この様に、クラッチマスターからのオイルは漏れはありませんねっ!

           

           

           

          それでは、クラッチマスターをバラシてみますね(^^)/

           

          DSCN2426.JPG

          クラッチマスターの構成部品はこんな感じで、左から

          シリンダー、

          リターンスプリング、

          ピストン、

          プッシュロッド、

          です。

           

           

          並べてみると

          DSCN2430.JPG

          こんな感じです。

           

          クラッチリターンスプリング → ピストン → プッシュロッド

           

          油圧をかけるのは、ピストンについている「カップ」と言う物で、

          ゴム製のパーツです。

           

          本来、ピストンが動くと、

          カップでオイルを受けて、

          油圧を発生しますが・・・

           

           

          DSCN2429.JPG

           

          うわぁ〜、

          向きが逆だった〜(^^;)

           

           

          「クラッチが抜ける」とは、

          クラッチオイルが、黄色の矢印のように、

          ピストンのカップを乗り越えて、

          油圧をかけることが、出来ないという事なんです(^^)

           

          これは、カップの状態が悪いとか、

          シリンダーの状態が悪いとかが、原因です。

           

          なので、クラッチマスターASSY(まるごと)交換になりました。

           

           

           

           

           

          DSCN2432.JPG

           

          また、クラッチマスターの油圧が正常に戻ると、

          受ける側の、レリーズシリンダーが漏れてしまう事があるので、

          交換は、マスター、レリーズ、ホースの3点セットをお勧めします。

          又、上の写真では替わっていませんが、

          レリーズにおいては、現在国産のピストンキットを使用しております。

           

          今回は、ちょっとした豆知識でした。

           

           

          それでは、よろしくです。

           

           

          | Weslake | メンテナンス | 22:45 | comments(0) | - |
          あるかな〜
          0

            こんにちは、小柳です。

             

            「前回のシークワーズは、ぜんぜん分かんなかったよ〜 ハハハ・・・」

            お客様から指摘を受けてしまいましたので、

             

            今回は、

            かる〜く流せる

            MINIあるあるを集めてみました(^o^)/

             

            なので、皆さん

            かる〜い気持ちで見てくださいね!

             

            DSCN2690.JPG

            あ〜あ、マフラーのブラケット、

            よく割れるんだよね〜

             

             

            DSCN2691.JPG

            針金つけて、マフラー落下防止!!

            あ〜、あるあるっ!

             

             

            DSCN2695.JPG

            も〜っ!

            吹き出し口のビビリ音

            どうにかなんないの〜

             

             

            DSCN2694.JPG

            クリップつけると

            なかなか良いかも〜

            あ〜、あるあるっ!

             

             

            DSCN2688.JPG

            こんな車だと、

            フェンダーミラーの穴空けたくないな〜

             

             

            DSCN2689.JPG

            まあ、こんな付け方なら

            穴空けなくて、いいじゃん!

            あ〜、あるあるっ!

             

             

             

             

            でも〜

            やっぱり、一番あるのは・・・

             

             

             

             

            DSCN2435.JPG

            軽自動車専用駐車場に

            止めがち!!(^^;)V

             

             

             

             

             

            さぁ〜て、ここでリマインドです(^o^)

             

            12月22日(土)

            12月23日(日)

            12月24日(月)

            は、WESLAKEで

            ガレージセールを

            開催いたします(^0^)/

             

            ぜひ、遊びに来てくださいねっ!

            DSCN2702.JPG

            と、言いつつも

            こちらの会場は、まだ手付かず・・・

            心なしか、焦りで写真が

            ピンボケです(^^;)

             

            明日がんばりま〜す(^o^)/

             

            それでは、よろしくです。

             

            | Weslake | メンテナンス | 21:32 | comments(0) | - |
            探してみよう!
            0

              こんにちは 小柳です。

               

              以前、常連様からの電話で、こんなのがありました。

               

              小柳「はいっ、もしもし。」

              常連様「あのぅ、何かくぼみみたいな所に、ドスッとタイヤ落としたら

              エンジンが止まって、かからなくなっちゃったんですが・・・」

              小柳「あっ、そうですか、

                  とりあえず、イナーシャスイッチ押してみてください。」

              常連様「イナーシャスイッチって何ですか?」

              小柳「あっ、すいません。イナーシャスイッチは、

                 エアクリーナーの後ろにある、黒いスイッチなんですが。」

              常連様「エアクリーナーって何ですか??」

              小柳「あっ、すいません。エアクリーナーは、何といいますか・・・

                 楕円形の大きな黒いプラスチックの・・・こんな感じの・・・」

               

               

              なかなか、車のパーツって名前分からないですよね!

              って事で、今回は皆さん、

              ちょっとしたパーツの名前を覚えちゃいましょう(^^)/

               

              って事で、

              シークワーズ パズルを作ってみましたよ(^^)

               

              DSCN2676.JPG

               お〜                                   難易度★★★☆☆

               

              シークワーズのルールは、

               

              縦、横、斜め、右から、左から、上から、下から!

              下の写真と、ヒントを手ががりに、ミニのパーツ名を推測して

              パズル内から探してみてください。

               

              例えば、ヒント14番の答えは、ラジエーターですので、

              上の赤丸のように、読むことが出来ます。

               

              必ず、直線的に読んでください、

              パズル内の文字は重複して使われることもあります。

               

              さて、ヒントは16個!!

              探してください(^^)/

               

              そして〜、パズル内で一回も使われなかった文字を、ピックアップしてください。

              その文字を、並び替えると、ある言葉になります。

               

              さて、その言葉とは???

               

              GOOD LUCK!!

               

              DSCN2676.JPG

               

              写真

              DSCN2664.JPG

              インジェクション車

               

              DSCN2671.JPG

              キャブレター車

               

              DSCN2659.JPG

              DSCN2672.JPG

               

              ヒント

               

              2文字

               1、吸入空気をろ過するものが入っています。  ○○クリーナー ケース

              3文字

               2、ブレーキ ディスクを挟んで,制動力を発生させます。 ブレーキ ○○○

               3、発電機です。  ○○○ネーター 簡易的に3文字で呼ぶことも多いです。

               4、オイルの量を確認しましょう(^^)   ○○○ゲージ

               5、切れると大変! 発電や冷却に使われます。   ファン○○○

               6、点火2次電流を、スパークプラグに運びます。  プラグ○○○

              4文字

               7、以前私のブログで紹介! 導風効果のある  ○○○○ガード

               8、ブレーキペダルを踏んで、ブレーキ油圧を発生させる。  ブレーキ ○○○○シリンダー

               9、クランクシャフトの位置を検出、エンジン回転も見ています。通称クラセン   クランク○○○○

               10、クラッチマスターからの油圧を受けます。スレイブシリンダーとも言う クラッチ○○○○シリンダー

              5文字

               11、ホィールの前後方向の動きをコントロールするもの。  ○○○○○ロッド

               12、インジェクション車において、車に衝撃が加わったとき、火災防止のため燃料ポンプを止める、

                  また、止まったポンプを復帰させるスイッチ。    ○○○○○スイッチ

               13、エンジンを始動させるモーターです。   ○○○○○

              6文字

               14、冷却水を冷やします。   ラジエーター

               15、ブローバイガスのオイルとガスを分離します。   オイル○○○○○○

              7文字

               16、トランスミッションケースを守ります。   ○○○○○○○

               

              以上です。

              お疲れ様でした   m(_ _)m

               

              答えは、次回の小柳ブログにて発表します(^^)/

              答えの分かった方も、分からなかった方も、

              答え合わせまでは、絶対に投稿しないでくださいねっ!

               

              それでは、よろしくです。

               

               

                 

               

               

               

               

              | Weslake | メンテナンス | 22:01 | comments(0) | - |
              5mmぐらい
              0

                こんにちは 小柳です。

                 

                ここ最近まで、雨の日が多くてドアガラスを大きく開ける事が出来ませんでしたが、

                やっと、天気の良い日も増えて来て、窓全開なんて事もありますよね。

                 

                そんな時・・・

                 

                男「あれっ、ガラスが引っかかって上がんない!」

                女「何やってんのよ、早くしなさいよ!」

                男「いやっ、マジでやばいかも」

                女「どれっ、私にかしてみなさいよ!」

                ガリガリガリガリ        

                ガコッ!!

                男「あっ!」

                女「私、ようじ、思い出したから、先に行くね・・・」

                男「ガラスが・・・斜めになっちゃった(T T)」

                男「もぉ〜〜〜、 いやっ!」

                 

                なんて事よくありますよねっ!

                 

                 

                いやっ、 ないか(^^;)

                 

                他所のショップさんの記事でも、よくよ〜く出ているのが、

                ガラス落ちです。

                 

                DSCN0464.JPG

                 

                ありゃ〜、これはガラス外すのも大変だ〜

                ドアの内張りを外すと、こんな光景もよく現れます。

                ガラスチャンネル、サビサビ。

                 

                どうにか、ガラスを外してみると、

                DSCN1652.JPG

                 

                こりゃ〜、やりすぎだよ〜

                 

                今は、うれしい事に、ステンレス製のガラスチャンネルなんて物もあるので、

                早速、交換しちゃいましょう(^^)/

                 

                DSCN1654.JPG

                PA230503.JPG

                 

                いい感じです(^^)v 

                 

                 

                 

                このガラスチャンネルが錆びてしまう原因のひとつに、 

                ガラスとゴムのサイドモールとの隙間が関係しているんですね。

                 

                DSCN2399.JPG

                 

                前回の小柳ブログに引き続き、愛車フラビア号の登場です。

                ガラスとサイドモールは、本来ぴったりとくっついていますが、

                ここに隙間があると、雨が入りガラスチャンネルが錆びるんですね。

                 

                と言うことは、私の愛車もやばいと言うことですね(^^;)

                最近、ガラス上下動の、引っかかり感が増してきています(T T)

                 

                皆さんの愛車は、どうですか〜っ!?       Let's check it out !

                 

                なので、もし隙間が開いていて心配な方や、

                ガラスチャンネルを交換する方は、

                 

                DSCN0258.JPG

                 

                ドアのサイドモールも交換しちゃいましょう(^^)/

                 

                そして、仕上げは〜

                DSCN2401.JPG

                 

                ミニのガラスを全開にする時は、

                ガラスを5mmぐらい上げておきましょう。

                 

                ミニ乗りの間では良く知られていることですが、

                ガラス全開 → ドアにひじをかける → サイドモールが潰れる → サイドモールの劣化を加速させる

                なんて、悪いサイクルを防ぐためです。

                 

                窓を全開 −5mmぐらいにして、気持ちいい秋風を感じましょう(^^)

                とか言ってるけど、明日は雨か〜

                 

                それでは、よろしくです。

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                 

                     

                | Weslake | メンテナンス | 22:21 | comments(0) | - |
                ヘッドライト
                0

                  こんにちは、小柳です。

                   

                  いや〜、最近暗くなるのが早くなりましたね〜

                  「 枯れ野道 ヘッドライトが 闇を裂き 」

                  なんて学生時代に書いた、俳句を思い出します(^^;)

                  しかし ミニのヘッドライトは闇を裂けるほど明るくないかな・・・

                   

                  「 字が小さすぎて 読めなぁ〜い 」

                  なんて渡辺謙さんが怒っていましたが、(ハズキルーペのCMより)

                  「 ミニのヘッドライトは暗すぎて 見えなぁ〜い 」

                  なんて思っている方、多いんじゃないですか!

                   

                  って事で、

                  どうすれば明るくなるかと言うことですが、

                  まず

                  DSCN2352.JPG

                  こんな感じのシールドビームを使っている方、

                  これは〜結構暗いですよね〜 (私も、昔使っていた)

                  シールドビームは電球と同じようなもので、

                  ヘッドライト一体式になりますので切れたらヘッドライトごと交換です。

                   

                  そんなシールドビームを

                  ハロゲンバルブ式の物に取り替えると明るくなりますよ。

                   

                  そんなハロゲンバルブよりも明るくしたい方はLEDバルブに取り替えちゃいましょう!

                  DSCN2286.JPG

                  向かって右は普通のバルブで、左はLEDバルブです。

                  (バルブの色が違うので、比べられないよ〜って方 ゴメンナサイ m(−−)m )

                  でも、これだけでもスゴくアカルくなります。

                   

                  そして最後の仕上げは、

                   

                  リレーの取り付けで〜す (^^)/

                   

                  「リレーとは何」って、思う方もいると思いますが、

                  リレーとは

                  DSCN2287.JPG

                  真ん中の黒い物がリレーで〜す

                  これを取り付けると〜

                   

                  DSCN2290.JPG

                  このくらい明るくなっちゃいますよ (^^)v

                   

                  「でも、リレーの説明になってないじゃん!」

                  って方に

                   

                  ライト配線.jpg

                  ミニのヘッドライト配線は、超簡単に書くとこんな感じなんですね。

                  そう、直列つなぎです。

                   

                  これだと、すべての配線に電気が流れ、

                  特に長い配線の場合は配線の抵抗が大きくなるので、

                  ヘッドライトに電気がたどりつく頃には、電気は少なくなってしまいます(T T)

                  それだから、暗いんです。

                   

                  しかも、経年劣化とかで、もっと配線の抵抗が大きくなったり、

                  接続部(カプラー)に接触不良とかあったりすると、もっと電気が流れづらくなり、

                  結果、もっとヘッドライトが暗くなります。

                   

                  なので

                  リレー.jpg

                  リレーをつけて、バッテリーから直接配線をバイパスさせてあげれば、

                  配線の抵抗が減り、あんなに明るくなるんですねっ!

                   

                  さらに,いい事は

                  DSCN2357.JPG

                  あちゃ〜

                  これライトスイッチを外したところなんですが、

                  カプラーに入っている配線が焼けちゃってます(T T)

                  ヘッドライトのカプラーが焼けているのも良く見ます(T T)

                   

                  これもリレー取り付けることにより、スイッチに通る電気の量を減らせるので、

                  配線の発熱を抑え、カプラー焼けの防止にも役立ちます。

                  是非、おすすめです(^^)/<<<

                   

                   

                  先日、10月9日はジョン・レノンの誕生日でした。

                  残念ながら1980年には、亡くなってしまったんですが、

                  彼の死後38年、世界は彼の理想に少しでも、近づいているのだろうか。

                  明るいヘッドライトで闇を明るく照らすように、

                  明るい世界を作りましょう。

                   

                  って事で、今回のテーマはヘッドライトにしました。

                   

                  「♪・・・ and the world will be as one ... 」 

                   

                  それでは、よろしくです。

                   

                  | Weslake | メンテナンス | 22:20 | comments(0) | - |
                  ご好評となっておりますウエ点、パケ割←w
                  0

                    イベントシーズン、行楽シーズンという事もあって先日、メカ小柳がご案内をさせていただきました「ウエ点、パケ割」←不思議なセンスのネーミングw ですがそのネーミングの効果なのかは定かではありませんがwご好評をいただいております♪

                     

                    明日からのミニでのキャンプ旅行に備えてウエ点のご依頼をいただきましたA様ミニ<(_ _)>

                    点検を行った所、ちょっと心配な箇所がありまして、、

                     


                    往復の高速道路走行や明後日はまた30度越えとなるらいしい天気予報、、

                    何も起こらなければいいのですが何か起こった時はオーバーヒートのリスク大、、

                    なので交換のご依頼をいただきました<(_ _)>

                     

                     

                    モーターの負荷が大きくなって異音が出ていた電動ファン(◎_◎;)

                    まだ動くっちゃ動きますがいつ動かなくなるかは??でして、折角のキャンプ旅行を台無しにしない為にもですね。

                     

                     

                    新たに取り付けた電動ファン♪

                    音も静かだし冷却効果もバッチリでお勧めです♪♪

                     

                    さて、イベントシーズン、行楽シーズンはまだまだ続きます(^^)

                    お出かけ前の点検に、「ウエ点、パケ割」←w おすすめです!!


                     

                     

                     

                    | Weslake | メンテナンス | 16:10 | comments(0) | - |
                    37号車
                    0

                      こんにちは、小柳です。

                       

                      つい最近、NEW MINIのジョンクーパーワークスのCMを見たのですが、

                      NEW MINI JCWも悪くないけど

                      「パディー ホプカークの37号車の方がもっとカッケーな〜」

                      と思った人も、私だけではないはず。

                       

                      最後に37号車のヘッドライトが、アップになって

                       

                      DSCN2177.JPG

                       

                      CMのものとは違いますが、こんなヘッドライトカバーがついてましたね〜

                      イカシマス(^^)v

                       

                      ヘッドライトカバーと言えば、似たようなもので

                       

                      DSCN2211.JPG

                       

                      こんな感じのスチール製ストーンガードって物もありまして、

                       読んで字のごとく、石などをガードするものです。

                       

                      また、ストーンガードと言えば、他の場所にも使われています。

                      それは

                       

                      DSCN2164.JPG

                       

                      ラジエーターの横についている物で、

                      DSCN2196.JPG

                      外すとこんな感じの、ラバーパーツです。

                       

                      これもやっぱり、石などからラジエーターを守るものですが。。。

                      何気にこのストーンガード、

                      他にも大きな役割があるんですね。

                       

                      それは、

                      電動ファンの導風効果です。

                       

                      電動ファンは車両左側のフェンダー内にあって、水温が高くなると回りだします。

                      DSCN2165.JPG

                      そして、水温が下がると電動ファンは止まります。

                       

                      そのファンの回っている時間が、

                      ストーンガード有りと、

                      ストーンガードなしとでは、異なります。(小柳調べ)

                       

                      なので、電動ファンが回っているのに、水温が下がりづらい方、

                      電動ファンが、やけに長く回っているなと思う方。

                      まづは、ストーンガード LET’S CHECK IT OUT !

                       

                      ストーンガードの上側はO.K.でも

                      下側が切れていると言うのもよく見ます。

                       

                       

                      今回は、簡単に点検できる豆知識を書いてみましたが、

                       

                      私が本当に言いたいのは、

                      「やっぱパディーポプカークの37号車は、カッケ〜な〜」

                      って事でした。(^^;)

                       

                      それでは、よろしくです。

                       

                       

                       

                       

                      | Weslake | メンテナンス | 21:48 | comments(0) | - |
                           12
                      3456789
                      10111213141516
                      17181920212223
                      2425262728  
                      << February 2019 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + PROFILE