Weslake BLOG

千葉県のローバーミニ、クラシックミニをはじめとする英国車のスペシャルショップの日々を綴ったブログです。
<< 次は・・・ | main | B to B >>
-2℃の体感!!
0

    こんにちは、小柳です。

     

    先日、タイのチャン・インターナショナル・サーキットで行われた、

    スーパーGT 第4戦にて、

    WAKO’SのレクサスがGT500クラス、初優勝しましたね!

    おめでとうございます(^^)/

     

    という事で、今回はWAKO’Sネタです。

     

    「−2℃の体感」と聞いてピンと来た方、

    流石です。

     

    これは、パワーエアコン・プラスのうたい文句で、

    DSCN3260.JPG

    WESLAKEのおしらせコーナーに張ってあるやつです。

     

    じゃ〜、パワーエアコン・プラスって何ぞやって事で、

    先日、来店された、WAKO’SのYさんに聞いてみました。

     

    「Yさん、パワーエアコンって確かにクーラーの効きがよくなるけど、一体どんな仕組みなの?」小柳

     

    Yさん「まあ、一番はクーラーサイクル中にオイルなんかの汚が付いてしまうんですけど、

         その汚れを綺麗にすることでエアコンガスが良く流れるようになるんです。」

     

    「エアコンガスの流量が増すって事?」小柳

     

    Yさん「それもあると思うんですけど、流れやすくなるなるのと同時に、

         コンデンサーなんかの中も綺麗になるので、コンデンサーの効率が上がり、

           ガスが良く冷えると言うのもありますね。」

     

    「なるほど、それでその汚れは、どこに行くの?」小柳

     

    Yさん「エアコンガスの中に溶け込んで行くので、詰まることはありません。

         また、ご存知の通り、コンプレッサー内の壁に皮膜を作り、

          コンプレッサーのフリクションを低下するのでエンジンにかかる負荷を減らし、

           燃費の向上なんて事もあります。」

     

    「あっ、そうそう、クーラー入れるとベルトが鳴いたりして、何度ベルトを張ってもすぐ鳴くようになって、  

    結局ベルトが細くなって、交換しなくちゃ成らなくなったりするのにも、結構使えるよね。」小柳

     

    Yさん「そうですね、小柳さんが好きなWAKO’Sのフォアビークルなんかと一緒で、

         コンプレッサーの回転が軽くなって、ベルトにも良いし、

          コンプレッサー自体の故障の予防にも良いですね。」

     

    Yさん「あと、小柳さん、エアコンガスって1年ぐらいで繋ぎ目なんかから、かすかに漏れて、

         ガス量が減ってしまうんですけど、パワーエアコンにはエアコンガス効果もあるので、

          ガスの補充にもなり、ちょうど減った分足されます。

           また、継ぎ目などに使われているOリングをシーリングして、漏れ量を減らせます。」

     

    「なるほど、こんなに小さい缶でも、結構いろんな効果があるんですね。

    Yさん、ありがとうございました。」小柳

     

     

     

    なるほど、そういう事で、クーラーの冷えが良くなるんですね(^^)

    これから、梅雨が明けると暑くなります。

    ちょっと気になる方は、遊びに来てくださいね。

     

     

     

     

     

     

     

     

    って、

    何を話してたのか全く分からん。

    ぜんぜん「ガッテン」って成らないよ。

    と思った方多いと思いますので、

     

    クーラーの仕組みについて、

    かる〜く、お話しますね(^^)

     

    クーラーは、簡単に言うと気化熱を使った冷却方法です。

    お医者さんに行って、注射を打つとき、

    アルコール消毒をして、ひんやりしますよね。

    それは、アルコールが蒸発した時(気化したとき)に、

    周りの熱を奪うからなんです。

     

    クーラーは、

    DSCN3261.JPG

    1、コンプレッサーでエアコンガスを圧縮し、ガスを高温の気体にします。

    2、次にコンデンサーで高温のガスを冷やします。

    3、冷やすことによって、ガスが液化して液体になります。

      (水蒸気が冷えると、水に戻るのと同じ)

    4、次にレシーバ&ドライヤーでゴミと水分を取り除き、

    5、車の中に入ります。

    DSCN3262.JPG

    6、車の中には室内ユニットと呼ばれる物があり、

      (ユニットは、エキスパンションバルブ、エバポレーター、ファンで構成)

    7、液体のエアコンガスがエキスパンションバルブに来ると、

      エキスパンションバルブは、スプレー缶のノズルの様なものなので、

      液体のガスが一気にシューっとエバポレーター内に噴射され、

      ガスにかかっていた圧がなくなるので、一気に蒸発、気体になります。

      ここで、気化する時に周りの熱を奪うので

      エバポレーターがキンキンに冷えます。

    8、そのキンキンに冷えたエバポレーターにファンで風をあて、

      室内に冷たい空気を送ります。

    9、エバポレーターで低温、低圧に成ったガスを、コンプレッサーに戻します。

     

    と言うのが、仕組みです(^^)

     

     

    ここで、さっきのYさんとの話で、

    3つパワーエアコンの効果があったんですが、

     

    1、クーラーサイクル内のオイル汚れなどを落とす。

    2、コンプレッサーのフリクション(摩擦抵抗)を低下する。

    3、クーラーガスの補充と共に、漏れ止めシーリング。

     

    この中で、1番目とは、

    DSCN3267.JPG

    エアコンガスの流れですが、

    上記のように、エアコンパイプの中に堆積物が出来ます。

    流れているエアコンガスの中には潤滑用のオイルも混ざっているので、

    そのオイルが悪玉コレステロールの様に、パイプ内にこびり付くんです。

    (また、血液の話か(^^:))

    この、オイル汚れをガス内に溶かし込み、綺麗にしてくれると言うことなんですね(^^)

     

    なので、パワーエアコン・プラスは、

    ミニの様な古い車に、是非試してもらいたい一品なんですよっ。

     20150526_483214.jpg

     

    まだ良く分からなくて、もっとエアコンについて知りたい方、

    是非遊びに来てください。

    私と語りあいましょう(^^)

     

    でも、ここまでクーラーを熱く語っている私の愛車は、

    クーラーを外して、

    扇風機使用になっています(^^;)

     

     

    あ〜今回、モデルになってもらった車は、

    車検でお預かりしている、この車でした。

    DSCN3272.JPG

    綺麗でうらやましかったので、

    一枚撮らせて頂きましたよ(^^)

     

    それでは、よろしくです。

     

     

     

     

     

    ★〜★ローバーミニの事なら…★〜★

     

    BRITISH GARAGE Weslake へご相談下さい(^^)

     

    TEL 043-496-3298

    E-mail weslake-info★weslake.sakura.ne.jp

    ※★を@に変更して送信して下さい<(_ _)>

     

    当店FBへのメッセージでもOK!

     

    車両販売、買取、ドレスアップ、チューニング、車検、事故修理、一般整備、修理等々、幅広くご対応をさせていただいております。

     

    Weslakeのローバーミニ買取査定申込専用フォーム(査定無料)は→こちら
    | Weslake | メンテナンス | 22:42 | comments(0) | - |









     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE