Weslake BLOG

千葉県のローバーミニ、クラシックミニをはじめとする英国車のスペシャルショップの日々を綴ったブログです。
<< 足廻りの整備! | main | ゴールデンウィーク期間中の営業時間ご案内と5月定休日のご案内 >>
ブラシ!
0

    こんにちは、小柳です。

     

    さて、皆さん、

    手洗い、うがいはきちんと、やってますか〜?

     

    私は、しっかりとやっています(^^)

    特に、私の様なメカニックですと、

    ミニのオイル漏れだらけで、ギトギトしたエンジンルームをいじり、

    グリスだらけの足廻りをいじり、

    それはもう、手の汚れはハンパないです。

    しかも、私は手袋を使わない派なので、

    昔は、爪の間なんか、あまり綺麗に出来ず、

    嫌な思いをしていましたが、

    今は・・・

     

    DSCN4171.JPG

    結構綺麗になりました(^^)v

    (ちょっと、話が飛躍し過ぎましたが・・・(^^;))

     

    仕事をしていない訳ではないんです。

    何年か前に、

    良い爪ブラシと巡り会えたんですね。

    そんな、私の様な「爪ブラシ・ジプシー」の方々へ、

    私の愛用品をご紹介します。

     

    それは、

    DSCN4170.JPG

    これです。

    このブラシを初めて使った時は、感動しました。

    特に、爪の間を磨くブラシは、素晴らしいです。

    (でも、スクラブが強いハンドクリーナーを使うと、爪が傷つきます)

    興味のある方、詳細を教えます(^^)

    私は、いつも在庫をストック、まとめて5個とか買っちゃいます。

     

    な〜んて、通販番組の様なイントロでしたが、

    ここからが、本題です(^^;)

     

    DSCN4176.JPG

    これっ!

    何だかわかりますか?

    これも、ブラシと呼ばれる物なのですが・・・

     

     

     

    このブラシが使われているのは、

    DSCN4174.JPG

    オルタネーター(発電機)のレギュレーターと言う部分です。

     このレギュレーターを外すと・・・

     

    DSCN4177.JPG

    さっきのブラシと接触する部分「スリップリング」

    と言うものが見えます。

    ブラシとスリップリングはエンジンが回転しているときに、

    絶えず擦れ合っているので、

    ブラシは摩耗し、

    先ほどのブラシ写真では、左右の長さの違いに気づくと思います。

    また、スリップリングも摩耗するので、

    写真では分かりづらいですが、

    段差が出来ているんです。

     

    そして、摩耗がひどくなると、

    ブラシとスリップリングが接触しなくなったり、

    接触不良を起こしたりして、

    オルタネーターが発電しなくなったり、

    凄く多く電気を流す(過充電)事もあります。

     

    一般的にオルタネーターの発電がされなくなると、

    エンジンをかけても、

    「チャージランプ」

    が消えず・・・

    DSCN4183.JPG

    これは、純正メーターの配置ですが、

    (新しいものになるとバッテリーの絵が描いてあります)

    このランプを点灯して、ドライバーに異常を知らせます。

     

    でも、このランプが正常に働いていても、

    発電が中途半端に弱かったりする事もあるので、

    バッテリーが上がりやすい車は、

    電気の漏電(暗電流)チェックと合わせて、

    オルタネーターの発電チェックもお勧めです(^^)

     

     

    ちょうど最近入庫した車で、

    バッテリー上がりと言うのがあったのでチェックさせて貰ったのですが、

     この車は、

     

    DSCN4178.JPG

    バッテリーからスタータ端子に電気が入り、

    そこからオルタネーターへと流れるのですが、

    その通路

    「ヒュージブルリンク」

    と言う、配線式のヒューズみたいな物が溶断していました。

    こうなる原因はいろいろありますが、

    今回は数値を測った所、オルタネーターが過充電(電気を流し過ぎて)していたようです。

     

    なので、

    DSCN4179.JPG

    このヒュージブルリンクを作り交換し、

     

    DSCN4172.JPG

    オルタネーターを信頼、大容量の国産品に交換!

    リビルト品と言う、安価な物もありますので、

    ご相談ください(^^)

     

    DSCN4180.JPG

    こんな感じです。 お〜ぉ

     

     

    さらに、

    オルタネーターってどんな物?

    って方に、

    簡単にざっくりと説明します(^^)

    しっかりと説明すると、

    レンツとか、ファラデーとか、フレミングとか、右ネジの法則とか、

    三相全波整流とか難しくなるので、

    知りたい方は、是非遊びに来てください。

     

    先ず、オルタネーター・・・

     

    無題.png

     

    絵で描くと、こんな感じです。

    バッテリーからレギュレーターに電気が入り、

     

    レギュレーター → ブラシ → スリップリング → ローターコイル

                            ↓

           レギュレーター → ブラシ → スリップリング

     

    と電気が流れます。

    そうすると、ローターコイルに電気が流れることにより、

    電磁石になり、ローター(赤い物)に磁力を帯びます。

    そして、ファンベルトによって、プーリー(ローター)が回されることにより、

    黄色いコイル(ステーターコイル)に電気が流れます(電磁誘導)

    この流れた電気をバッテリーとか電装品に送るのと共に、

    レギュレーターに戻して、

    発電する電気が多くなったらローターコイルに流れる電気を少なくし、

    電磁石を弱くして、

    電気が少なくなったら電磁石を強くし、

    発電する電気の強さを調整しています。

    (13.8V〜14.8V)

     

    とこんな感じですが、

    ちなみに、Mrkー気箸オールドのミニは、

    オルタネーターは使われておらず。

    ダイナモが使われています。

    これは、ただ発電するだけのもので、

    昔、自転車のヘッドライトでよく使われていたのと同じようなものです。

    なので、レギュレーターは別体になっていますよ(^^)

     

    こんな感じですが、

    様々な車の電装品も、

    ひとつひとつクローズアップしてみると、

    なかなか楽しいものですね(^^)

     

     

     

     

    ★〜★ローバーミニの事なら…★〜★

     

    BRITISH GARAGE Weslake へご相談下さい(^^)

     

    TEL 043-496-3298

    E-mail weslake-info★weslake.sakura.ne.jp

    ※★を@に変更して送信して下さい<(_ _)>

     

    当店FBへのメッセージでもOK!

     

    車両販売、買取、ドレスアップ、チューニング、車検、事故修理、一般整備、修理等々、幅広くご対応をさせていただいております。

     

    Weslakeのローバーミニ買取査定申込専用フォーム(査定無料)は

     

     

    さて、今回のラストショットは〜

     

    DSCN4173.JPG

    今回写真を撮らせてもらったS様のMrk‐技斗佑任后福亜亜

     

    長〜いこと乗ってもらっている車です。

    (ナンバーも2桁ナンバーです)

    これからも長〜く乗って、沢山思い出作ってくださいね(^^)

     

    それでは、よろしくです。

     

     

     

    | Weslake | メンテナンス | 22:29 | comments(0) | - |









          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + PROFILE